不動産投資のために利用してみた不動産担保ローンで良かったこと

チャンスロスを無くすために良い経験になりました

良い物件があれば購入をして、不要になった物件は売却する / 不動産担保ローンを利用した経験 / チャンスロスを無くすために良い経験になりました / 不動産担保ローンの販売をしていました

自主的に改修を行った場所はエクステリアです。
古くなったアスファルトを自ら資材を購入して補修を済ませ、お洒落に見えるようにレンガを使って周囲に背の低い外塀を作ってみました。
後はゴミの投棄が心配される位置関係にあったことから、フェンスを物件の横と裏側に設置をして、これも自主的に工事を行ったものです。
エクステリアを充実させたことだけでも、随分と見栄えを変えることができ、リフォーム会社に依頼をした工事を全て終えた段階では、十分な再生を成功させています。
結果的に不動産担保ローンを利用して得ることができた資金は効果的に活用することができて、お付き合いのある不動産会社に管理から仲介を依頼した後には、4室全ての入居者を確保できました。
家賃額の設定は月に5万円です。
4室あるので年間に240万円の家賃になります。
もちろん、管理会社へ支払う管理料はあるものの、不動産担保ローンで借りたお金は直ぐに取り戻せる計算です。
5年経過後には十分なプラス収支に転じることは計算できていたので、今回のことはチャンスロスを無くすためにも良い経験になりました。

あらゆるニーズにお応えする、資金使途自由な不動産担保ローン。
 https://t.co/LqAWIhdFra

— おすすめの館 (@ossmkn) 2019年8月30日